ワタミの宅食はひどい?デメリット・メリット・口コミを調査!

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

どの企業やお店でも、全てのお客様に満足していただくのは容易ではありません。

ではなぜワタミの宅食が「ひどい」という声が目立つのか?「ひどい」という声があるからと言って、ワタミを簡単に使わないという判断はもったいないです。

そこで、さまざまな角度からワタミの宅食を深掘りします。今回は「ワタミの宅食はひどい?デメリット・メリット・口コミをそれぞれ調査しました。

最後まで読んでいただいてから、ワタミの宅食を使ってみるかを考えていただけたら嬉しいです。

目次

ワタミの宅食はひどい?

写真はイメージです

まず、ワタミの宅食が「ひどい」と言われてしまう要因が2つあります。それぞれ説明していきましょう。

SNSの普及で口コミからの広がり

近年のSNSの普及によって、個人の口コミが広がりやすくなりました。というのも、ワタミ自体の企業規模が大きいので、それだけ利用者も多いのです。

そしてお客様の中には、ワタミのサービスが合わない方も出てきます。

ワタミが合わなかった人たちの口コミが「ひどい」という言葉に偏った結果、ネガティブ要素が多く感じ取られるようになったからです。

実際、「味が気に入らない」や「配達員が気に入らない」など、個人の感じ方の違いの場合があります。

このように、人それぞれの好みもあるので「ひどい」という言葉がワタミに当てはまるかは、断言できません。

従業員の長時間労働問題

ワタミは過去に世間を長時間労働問題で騒がせました。引きずった従業員や元従業員がその時のことを「ひどい」と言っている言葉に消費者が影響されているのです。

なぜなら、ワタミと調べると「ワタミ ひどい」と検索が出てくるので、ワタミ=「ひどい」と植え付けられるからです。

実際、「ひどい」と言われている内容を見てみると、過去の会社に対する批判が書かれていました。

つまり、最初の印象「ワタミ ひどい」に影響されているので、ワタミの宅食自体に「ひどい」という口コミだけではないのです。

ワタミの宅食のデメリットは?

ワタミの宅食のデメリットについて調査しました。

配達対応エリアが限られていて、時間の指定ができない

配達サービスに制約がある

配達できないエリア                   

北海道、青森、秋田、岩手、沖縄、その他一部エリア

配達時間

午前中〜夕方5時まで

※配達ルートによって何時に届くかわからない

なぜ配達サービスに制約があるのか説明します。ワタミの宅食の営業所が全国に置かれています。しかし、全ての地域に営業所がないため、配達ができないからです。また、配達は各営業所から一軒一軒回るため、配達時間にばらつきが出てくるからです。

では、上記のデメリットを解決する方法があるので紹介します。

配達できないエリアの解決法は、もう一つのワタミの業態「ワタミの宅食ダイレクト」を利用することです。

「ワタミの宅食ダイレクト」は宅配業者が配達してくれます。まとめて商品が冷凍で届くシステムです。宅配業者が対応するので、日本全国どこでも配達可能です。

配達時間が指定できない解決法は、ワタミ専用の宅配ボックスを借りる方法です。無料で鍵付きで安全なボックスを貸し出ししてくれるので便利です。中に保冷剤を入れてくれるので、すぐに腐るの防いでくれます。

アレルギー対応がない

ワタミの宅食には、特に「アレルギー対応」と謳った商品はありません。

というのも、ワタミの宅食の商品は、お客様のライフスタイルに合わせて5つに分かれたものです。

例えば、食が細くなった高齢者用、塩分を控えたい人などがあります。

ワタミの宅食の商品は、専任の料理人と管理栄養士が食材を選び献立を考えています。個別の事情に合わせたものは用意できません。しかし、アレルギー表記がほしい方は問い合わせされると用意してもらえます。

つまり、アレルギーの人用に、個々に対応した商品はありません。

メニューが選べない

ワタミの宅食で配達してもらう、惣菜・お弁当は、何が入っているか届くまでわかりません。

というのも、日替わりメニューというシステムになっていて、全てお任せになるからです。

例えば「今日のメインはお魚が食べたい気分だな」と思っても、お肉が届いてしまう可能性があります。

その悩みに解決法があります。ワタミの宅食ダイレクト」なら、肉か魚のメインが選べる仕組みになっています

このように、何が届くかわからないので飽きないと感じる方もいます。一方で、メインは自分で選びたいという方は「ワタミの宅食ダイレクト」をおすすめします。

賞味期限が短い

「ワタミの宅食」の冷蔵惣菜・冷蔵弁当は賞味期限があり、期限内に食べ切る必要があります。

というのも、賞味期限は、当日の午後10時、きちんと冷蔵庫にしまっていても翌日の午後3時目までです。

つまり、「残しておいて後で食べよう」とはできません。こちらも「ワタミの宅食ダイレクト」の冷凍弁当なら、自分のペースで解凍したりできるので心配な方は、ダイレクトをおすすめします。

ワタミの宅食のメリットは?

ワタミの宅食のメリットについて調査しました。

ダイエットや健康が手に入る

ワタミの宅食を取り入れて食事をしていけば、ダイエットができて、健康になれます。

なぜなら、専任の管理栄養士が健康を目指して、塩分やカロリーを考えて完璧なメニューを考えているからです。

実際、自分で自炊したものだと、好きな食材に偏ったり、調味料を入れすぎたりして栄養が心配です。

なので、ダイエットに関して、運動と間食をしないことを前提に、ワタミの宅食を取り入れていけば成功につながります。健康に関しては、生活習慣病を改善されます。

高齢者の見守りをお願いできる

専属スタッフが決められた日に配達するので、定期的に安否が確認できます

なぜなら、高齢者を抱える家族に喜ばれるサービスだからです。

実際、遠く離れていたり、仕事が忙しくて見にいけなかったりして安否を確認するために利用する人が多いです。

つまり、ワタミの宅食のスタッフに定期的に見守りをしてもらえ、高齢者自身も困ったことがあったら話せる環境が生まれます。

コスパがいい

ワタミの宅食は、コストパフォーマンスに優れています。

なぜなら、入会金・年会費・送料が無料で一食当たりの金額が安いからです。

実際、スーパーで買い物をしても、少人数の食事を作るとなると、高くついてしまうことがあります。

さらに、ワタミの宅食のような品数を自分で自炊するとなると、たくさんの食材が必要になります。

自炊をして作っても食べきれないこともあり、同じメニューを何日も続けなくてはいけません。

なので、ワタミの宅食なら、総合的に見て、コストパフォーマンスに優れています。

ワタミの宅食はひどい?口コミを調査!

ワタミの宅食を利用している方の声・口コミを紹介します。

健康的な食事を考えている利用者

ワタミの宅食を食べて、元気な赤ちゃんが生まれるといいですね!

高齢の利用者

高齢の両親を抱える方には、とても味方ですね!

塩分控えめだと感じる利用者

塩分控えめのワタミの宅食を食べて、痩せたらいいですね!

まとめ

今回は、ワタミの宅食はひどい?デメリット・メリット・口コミを調査しました。

  • ワタミの宅食が「ひどい」と言われる利用は、消費者目線と従業者目線の2つ。①SNS普及で口コミが広がった過去の長時間労働問題を引きずった従業員・元従業員の口コミが影響している
  • ワタミの宅食デメリットは、①配達対応エリアが限られていて時間の指定ができない、アレルギー対応がない、メニューが選べない賞味期限が短い
  • ワタミの宅食メリットは、①ダイエットや健康が手に入る、高齢者の見守りをお願いできるコスパがいい
  • ワタミの宅食の実際の利用者の感想を紹介しました。①「バランス抜群で助かっている」、②「塩分控えめで美味しい」、③「高齢の両親にピッタリ」などの喜びの声多数。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次