四国水族館はひどい?お土産やイルカショー口コミ見どころなど写真付で紹介

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

香川県に2020年にオープンした四国水族館ですが「ひどい」と言う口コミをちらほら見かけます。「ひどい」と言われている四国水族館ですが本当にひどいのでしょうか?四国水族館の実態を確認すべく2023年5月に子連れで四国水族館へ遊びに行ってきました!実体験を踏まえて、今回は四国水族館はひどい?お土産やイルカショー、口コミ、見どころなどリアルな感想を写真付きでご紹介します。

関連記事

アトア神戸はひどい?アザラシがかわいそうと言われる理由を調査
四国水族館にジンベエザメはいる?ジンベエザメがいる水族館まとめ【日本】

目次

四国水族館はひどい?やばいと言われているけど楽しかった!

四国水族館の水槽

賛否両論ある四国水族館ですが、実際に家族で訪れた私の感想としてはもう一度来たい!と思うほど私は楽しめました。水族館好きの筆者ですが、行ってよかった水族館ベスト5には入る勢いで満足しました。1歳、4歳の子どもと夫の4人で訪れましたが、子どもたちはもちろん夫も良かったとの感想を言っていました。(四国水族館の見どころについては記事の最後にご紹介いたします。)

四国水族館が「ひどい」と言われる理由

冒頭で私は四国水族館を楽しめたとお伝えしましたが、四国水族館が「ひどい」と言われる理由について考えてみました。

値段の高さ

四国水族館がひどいと言われる理由の1つとして値段の高さが上げられるかと思います。大人は2,400円なので確かに一般的な水族館としては割高です。

大人(高校生・16歳以上)小中学生幼児(3歳以上)3歳未満
2,400円1,300円600円無料
四国水族館の入場料

近隣の新屋島水族館の入場料は、大人(高校生~)¥1,500、小中学生¥700なのでそちらと比べても高めですね。値段が上がると、どうしても期待値も高まってしまうので「ひどい」の評価につながりやすいのかと思います。

規模が小さい

四国水族館・野外

四国水族館は四国最大級の水族館とうたっている割には規模は大きくなく、むしろ水族館自体はコンパクトな作りでした。水族館は1階と2階に分かれていますが、そこまで広くないので時間もあまりかからずに全てを見ることができます。四国最大級と聞くとかなり大規模なものを想像してしまうので、そのイメージの違いから「ひどい」「しょぼい」という評価に繋がっていると考えられます。

あさり

我が家は子連れだったので、広すぎる水族館よりもコンパクトな作りで好きな展示にも周りやすく過ごしやすかったです

生態や生き物の紹介についての説明が不十分

口コミでよく見かけたのが「生き物の紹介についての説明が少なすぎる」と言った点も目立っていました。特に魚などの生き物について詳しい方からすると物足りなさを感じるかもしれません。

私は水族館に来ると生き物や展示の方に夢中になり説明書きはほとんど読まないタイプなので、この点は全く気になりませんでした・・(本当にこれは人によって全く意見が異なりそうです)

導線のルートがない

通常、水族館は展示を見ていく導線(観覧)のルートが決まっているところが多いですが、四国水族館はそういった導線が一切なく自由に好きなところから見るような作りになっていました。ですので、最初にどこから周るか迷われる方も多いかと思います。

くらげ

我が家は子どもリクエストでまさかの2階から周りました

自由に見れるのも良いですが、ある程度道筋を立ててもらったほうが楽な方も多いかと思います。また、自由に見れる反面見逃してしまう展示もあるかなと思いました。そう言った点も、不満に思われる方がいらっしゃるのかと思います。

再入館できない

水族館やテーマパークなど、再入館できるところは多いですが四国水族館は最後のお土産やのミュージアムショップに入ると、水族館には再入館できません。「高い入場料を払ったのに・・」と言う声も見かけました。

個人的にもこの点は改善してくれたら嬉しいなぁと思う点でした。

四国水族館のお土産はしょぼい?購入品を紹介!

四国水族館のお土産は出口付近に「ミュージアムショップ」としてありますが、店内は広めで商品数も多かったです。実際に私が購入したおすすめのお土産品をご紹介します!

サメうどん【四国水族館限定】

サメうどん

四国水族館でしか買うことのできない「サメうどん」は、鮫の軟骨をパウダー状にして、うどんに練りこんでいるそうです。香川のお土産でうどんは定番ですが、さめうどんは珍しいですよね。ちょっと変わったうどんをプレゼントしたい方はいかがでしょうか。

和三盆ゴーフレット【四国水族館限定】

和三盆ゴーフレット

見た目が可愛い和三盆ゴーフレットは、我が家もお土産にたくさん買いました。水色ベースの缶に水族館の生き物が描かれており、「四国水族館」という名称も入っているのでここでしか買えない限定感が際立ちます。自宅用にも買ったのですが、食べ終わったら缶としても利用できるので自宅用としてもおすすめです。

また、缶だけでなくお菓子のゴーフレットにもそれぞれ水族館の生き物が描かれています。(3種類ありました)

くらげ

ただのノーマルなゴーフレットかと思っていたので、可愛いイラストがありうれしかったです!

しゅこくんグッズ

冷蔵庫に貼られるしゅこくん

しゅこくんは四国水族館のキャラクターです。水族館内でもよく見かけるので愛着が湧きしゅこくんのマグネットを購入しました!(今も我が家の冷蔵庫に貼っています)

しゅこくんのグッズは、他にもぬいぐるみやクッキーなどのお菓子も多数ありました。こちらも四国水族館限定のものとなるので、しゅこくんファンはぜひ買われてみてはいかがでしょうか。

四国水族館のイルカショーはひどい?実際に鑑賞!

四国水族館のイルカショー

四国水族館は瀬戸内海をバックにイルカショーを楽しむことができます。私が四国水族館に訪れらのは日中だったのですが、夕暮れの時間だと幻想的でフォトジニックな写真を撮ることができますよ。

イルカのジャンプする姿を見て、「お〜!」との大歓声が上がっていました。

四国水族館・間近で見れるイルカ
間近でイルカを観察

イルカショーの前後は、イルカプールの方で間近にイルカを観察することができました。イルカショーの際はイルカとは少し距離があるので、近くで見れるのは嬉しいですね。

四国水族館に子連れで行ったリアルな口コミ

我が家は、四国水族館に1歳4歳の子連れで訪れたのですが、水族館の規模的にも小さな子ども連れでも周りやすかったです。

2020年にオープンした新しい水族館となるので、建物もとても綺麗ですし、トイレにおむつ替えシートなども問題なく設備されております。建物は2階建ですがエレベーターもあるのでベビーカーでも移動できますよ。

四国水族館小さなトンネルと水槽
小さなトンネルと水槽

小さなトンネルに潜って見ることのできる水槽や、子どもが好きな遊びなど施設内は様々な工夫が施されていたのでお子様連れでも楽しめる施設となっています。

イルカや魚・貝などの宝石集め
イルカや魚・貝などの宝石集め(有料)

1つ残念な点をあげると、水族館やテーマパークなど、再入館できるところは多いですが四国水族館は最後のミュージアムショップに入ると、水族館には再入館できません。入場料もそこそこするのでこの点は改善されると嬉しいなぁと個人的には思います。

四国水族館の見どころを写真付きで紹介

実際に訪れた体験談から、四国水族館の見どころについてご紹介します!

生き物のお食事タイム(フィーディングタイム)

四国水族館カワウソお食事タイム

生き物たちのお食事タイムも見どころです。ペンギン、カワウソ、アシカのお食事をしているところを間近で見ることができますよ。我が家はカワウソを見てきました。

四国水族館カワウソお食事タイム
食事をするカワウソ

開始時間より早めに来たため一番前で見ることができました。飼育員さん曰く、カワウソは水族館の中でもスピードが早く一番撮影が難しい生き物だそうです!

あさり

タイムスケジュールが決まっているので、事前に時間を確認して来館することをおすすめします!

幻想的な水槽(インスタ映え)

四国水族館・幻想的な水槽
世界最大の渦潮を再現・渦潮の景

インスタでもよく見かける四国水族館の「渦潮の景」の水槽は本当に素敵な映え写真が撮れました。うずしおをまるで水中観覧船からのぞいたイメージとして再現しているそうです。頭上を見上げると、うずの中で動く魚たちを見ることができました。

四国水族館・幻想的な水槽

神無月の景

頭上に泳ぐアカシュモクザメ
頭上に泳ぐアカシュモクザメ

神無月の景」と呼ばれる水槽では、頭上にシュモクザメが泳いでる姿を見ることができ、とても神秘的で幻想的な空間となっています。

座って見上げるとシュモクザメを見ることができます
座って見上げるとシュモクザメを見ることができます

生き物との距離が近い

四国水族館・蟹を観察
蟹を観察

四国水族館の見どころとして、生き物との距離が近い点も挙げられるかなと思います。先ほどもご紹介した、イルカプールではイルカを間近で見ることができますし、様々なスポットで生き物を間近で観察することができます。

四国水族館・鯉を観察
鯉を観察

プロジェクションマッピング

四国水族館・プロジェクションマッピング
龍宮の景

水族館にしては珍しくプロジェクションマッピングの展示もありました。「龍宮の景」は、龍宮城をイメージした唯一伝説をテーマとした展示となります。少し室内でゆっくり見たい時など、幻想的な気分を味わうことができますよ。

四国水族館・プロジェクションマッピング
龍宮の景

しゅこくん(サメ)とのおしゃべり

しゅこくん(サメ)との対話

個人的に見どころだったのが、四国水族館のキャラクターしゅこくんとお話しできることです!この画面の中にいるしゅこくんとお話しすることができます。いつでもお話しできるわけではなく、しゅこくんのタイミングのあった時しかできません。

私は最初AIだと思い込んで話していたのですが、途中で「あ、中の人いる!」と気がつきました(苦笑)特にお子様は喜ばれるかと思いますので、ぜひタイミングあった際はしゅこくんとお話ししてみてはいかがでしょうか。

しゅこくん(サメ)との記念撮影
しゅこくん(サメ)との記念撮影
あさり

最後は「写真撮ろうよ!」と記念撮影を促してくれました笑 

四国水族館概要

名前四国水族館
営業時間営業時間:9:00~18:00 
休館日:年中無休 ※冬季にメンテナンス休館あり
※営業時間・定休日は変更となる場合がございます。
詳細はホームページをご確認ください
住所〒769-0201 香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4 (宇多津臨海公園内)
電話番号0877-49-4590
ホームページhttps://shikoku-aquarium.jp/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

神戸市在住のあさりです。園児2人と夫の4人家族。

神戸在住歴30年の子持ちママが、主に神戸・淡路島を中心とした、関西圏の子ども連れで行けるお出かけスポットやお店を紹介。実際に行ってよかった・知って得するお役立ち情報などを「体験談」をもとに執筆しています。

子育て中の物件探し・家づくり、ワーママの時短術などのライフスタイルも発信中。写真を撮ることが趣味です。

目次